いじめゼロを目指して

中国人の聖書

いじめは、一種の戦い。
あまりに凄惨ないじめが続いて精神的に疲弊している被害者には
「頑張れ」「戦え」などとはとても言えませんが、
このサイトを読んでいるということは、まだ戦える余力があるということでしょう。

 

それならば、少しでも状況を自分に有利にするために
考え方や行動を変えてみるのも一つの手です。

 

いかにしていじめと戦うべきか、
どう考えれば精神的に楽になれるのか…。

 

「自分は、まだ、戦える」と思えるうちにぜひ身につけていただきたいのが、
中国春秋時代の軍師、孫武が説いた兵法
著書『孫子』に記されている考え方・理論は、軍事の世界のみならず
ビジネスの世界にも通ずる知恵にあふれています。

 

中国では、中国最高の兵法書として
「中国人の聖書」とも呼ばれるほど絶大な支持を得ていますが、
世界各国でも名だたる著名人が強い影響を受けている本なのです。
(あの孫正義氏も、「自らの経営原則は『孫子』にある」と語っているほど!)

 

いじめの被害に遭っているみなさんに筆者がぜひ伝えたいのは、
孫子の兵法の根底にある、「戦わずして勝つ」という考え方です。

 

敵とぶつかり合って自分自身も血だらけになって勝ち取った勝利は、
真の勝利とは言えないのです。

「戦わずして勝つ」

孫子によれば、敵の国を傷つけずに勝つのが最善の策だといいます。

 

敵国を打ち破って勝つのは次善の策。
敵の軍隊を傷つけずに勝つのが最善の策。
敵の軍隊を打ち破って勝つのは次善の策。
敵の旅団(※陸軍編成の単位の一つ)を傷つけずに勝つのが最善の策。
敵の旅団を打ち破って勝つのは次善の策。
敵の大隊を傷つけずに勝つのが最善の策。
敵の大隊を打ち破って勝つのは次善の策。
敵の小隊を傷つけずに勝つのが最善の策。
敵の小隊を打ち破って勝つのは次善の策。

 

…要するに、大なり小なり、
規模に関わらず戦いはしないほうが良いということです。

 

たとえ戦って勝利を勝ち取ったとしても、
自分自身もボロボロだったら意味がありませんよね。
遅かれ早かれ他の敵がやってきて、
命をかけて勝ち取った物も全て奪い去られてしまうでしょう。

 

いじめの問題も然り。
相手と真正面から戦おうと思えば、必ず自分も傷を負うでしょう。

 

それならば、いかにして戦わずに済む道を探すか
いかにしてダメージを最小限に留めるか、
その方法を探ることのほうが賢い戦い方と言えるでしょう。

 

“完全な勝利”とは?

孫子では、「完全な勝利」とは、「無傷で勝利すること」とされています。

 

無傷で勝つためにはどうしたら良いのか?
一番簡単なのは、戦わないこと。
つまり、戦わずして勝つということです。

 

いじめの被害に遭っているなら、まずは相手にしないこと。
彼らの行動に対してあなたが全く動じなければ、
いじめているほうは面白くない!いじめている意味がありません。

 

泣いたり怒ったり、絶望したりする様子を見るのが楽しいのです。快感なのです。
だからこそ、全くのポーカーフェイスを決め込めば、
戦わずしていじめっこに勝つことができるでしょう。

 

髪型や服装など、ファッションを変えてみるというのも一つの手でしょう。
“あちらの世界”の方々が、刺青を入れたり白いスーツを着たりするのは、
見た目のイメージで相手に威圧感を与えるためです。
「怖い!」「関わりたくない…」と、たいていの一般人は彼らを避けますからね。
あれこそ、戦わずして勝っている典型的な例と言えるでしょう(笑)。

 

いじめの場合も、身体を鍛えて筋肉ムキムキになれば
「強そう!」という印象から、いじめられなくなるケースもありますし、
地味なファッション→流行のファッションに変えてイメージチェンジすることによって
いじめっ子を刺激する“ウジウジ感”を払拭することもできます。

 

これもまた、「戦わずして勝つ」ための一つの方法と言えるのではないでしょうか。

関連ページ