いじめゼロを目指して

「広い海へ出てみよう」

相次ぐいじめ事件を受けて、朝日新聞に、
「いじめられている君へ」「いじめている君へ」
という記事が掲載されるようになりました。

 

これは、各界の著名人たちが、いじめを受けている被害者や
いじめを行っている加害者に対してメッセージを発信するというもの。

 

2006年12月2日掲載分で登場したのが、あの「さかなクン」です!
さかなクンは、中学1年の時、
“無視”といういじめを受けていたのだそうです。
その当時のことを振り返り、
大好きな魚の世界に例えて次のように表現しています。
(以下、朝日新聞に掲載されていた内容をざっくりと要約)

 

 

いじめはさかなの世界と似ていた。
メジナは海の中で仲良く群れて泳いでいるが、狭い水槽の中では
1匹を仲間外れにして攻撃し始めるという習性を持っている。
いじめられた魚を別の水槽に入れたとしても、
残ったメジナは別の1匹をいじめ始めてしまう。
次々に新しいターゲットを作り出してしまう構図は、
人間の世界のいじめと良く似ている。
広い海の中では、そんなことはない。
小さな世界に閉じこめると、なぜかいじめが始まる。
自分の場合のいじめも、部活動という小さな水槽の中で置き、
当時はその理由を納得できなかった。
仲間はずれにされた子とよく釣りに出かけたが、
海岸で一緒に糸をたれているだけで、その子はほっとした表情になっていた。
励ましたりできなくても、
だれかが隣にいるだけで安心できるのではないだろうか。

 

 

この記事の最後で、さかなクンは、
自分は変わりモノだが、
大自然の中で魚に夢中になっていると嫌なことを忘れられる。
広い空の下、広い海へ出てみましょう…と、締めくくっています。

さかなクン、ネット上で支持率UP!

朝日新聞に掲載された、さかなクンの「いじめられている君へ」の内容は、
ネット上でも強く支持されていたようです。

 

「いじめる側にイジメはカッコワルイだの何だの言っても無駄。
そういう習性があってそれに従ってるだけ。
さかなクンさんのように、
いじめられる側に対して逃げなさいって呼びかけるのが正しい」

 

…と、さかなクンに同調する意見や、

 

「海と水槽を対比させたのはさすが!」

 

…と絶賛する声も多数。

 

筆者は、これを読んだ時、
「なんで広い海だといじめが起きないと言い切れるの?」
と、疑問を感じて100%は支持できませんでした。

 

しかし、調べてみて分かったのですが、
魚にとって「海」と「水槽」って雲泥の差なんですね(笑)。
魚も縄張りを持っているので、広い海では天敵に追われますし、
エサも探さなければならない。
その点、水槽の中は、天敵もいないしエサも食べ放題!
当然、同じ種類の中でも序列が出来上がってきて、
弱いモノを徹底的にいじめるようになるのだとか…。

 

動物の世界から学ぶべきことは多いですね、と、反省しました…。
(何も知らずに反論しそうになった私。さかなクン、ごめんなさい)

さかなクンってどんな人?

ところで、さかなクンって一体どんな人なのでしょうか?

 

「魚の帽子をかぶって、ちょっと風変わりな話し方で魚について熱く語る人」
一般的には、そんなイメージではないでしょうか(笑)?

 

さかなクンは、実はただのタレントではなく、れっきとした魚類学者!
2006年からは、東京海洋大学客員准教授を務めているのです。
魚の生態や料理法についての豊富な知識を生かし、
講演や著作活動など幅広く活躍しています。

 

特定非営利活動法人「自然のめぐみ教室 海のめぐみ教室」の
室長としても有名ですよね。

 

しかし、意外にも、水産や動物関係の大学を卒業しているわけではないんですよ。
東京水産大学入学を目指すもその夢は叶わず、
日本動物植物専門学院アニマルケアー科(現在は廃校)に進んでいるんです。

 

専門学校卒業後は魚関係のアルバイトを転々。
寿司屋で働いていた頃、店内で書いた魚のイラストが評判となり、
イラストレーターとしての活動をスタート。

 

その後、TVのドキュメンタリー番組に出演したことが契機となり、
魚専門のサイエンスライターとしての活動を始めることになったのです。

 

ちなみに、今のようなキャラがお茶の間に知られるきっかけとなったのは、
高校3年生の時に出場した、テレビ東京系のバラエティ番組
『TVチャンピオン』の「第3回全国魚通選手権」。
この選手権で準優勝(さかなクンを上回る人がいたんですね!)を獲得し、
その後同番組で5連覇を達成!ついには、殿堂入りを果たしたのです。

 

現在の芸名である「さかなクン」も、
この番組で司会を務めていた中村有志氏が名づけたもの。

 

学校では、「さかなチャン」や「博士」と呼ばれていたそうですヨ。

関連ページ